商工ローンで上手に運転資金を借入するためのコツについて

商工ローンとは、中小企業の事業者などを対象に融資を行う事業者金融などの総称です。
主に、一時的な運転資金を資金使途とした貸付を行います。

 

特徴として、借入に際しての審査期間や事務手続きが銀行などに比べると短いという点が挙げられます。
融資の金額については小口の貸付が多いので、
まとまった金額の運転資金借入などには、
商工ローンはあまり向いていないと言えます(条件によっては例外もあります)。

 

担保や保証人については状況に応じて必要だったり不要だったりしますので、
最初に確認しておくのがいいでしょう。
利息についてはおおよそ1.3%~1.8%の設定になっています。
民間のビジネスローンに比べるとかなり安い設定になっています。

 

借り入れたお金については、原則使用用途が決まっており、
会社の運転資金か設備資金に使わなければなりません。

 

一般的な融資を受ける際は、商業登記簿謄本をはじめ、
決算書、事業計画書などの書類が必要になりますので、
事前確認して準備をしておくと、スムーズに手続きが進められます。

 

 

 

商工ローンで運転資金を借入する際のコツとしては、
大前提として組合に加入しなければなりません。
借入をする際は条件があり、その条件の一つとなっています。

 

借入相談の段階では加入している必要はなく、融資を受ける時の加入で問題ありません。
またこれもほぼ必須の条件になりますが、
担当者と詳しく相談することも、コツとして認識しておくべきでしょう。

 

相談の際は事業計画書や決算書をもとに話し合いすることが多いので、
必要書類を忘れないように準備しておきます。
またこの相談は複数回行われることも珍しくありません。

 

また大口の融資を専門としていないからと言って、
商工ローンの審査自体は決して甘くはないところも注意が必要です。

 

基本的には担保や保証人といった「保障付き貸付」を基本態度としています。
そのため審査時は、返済能力や会社の信用度といったところも当然勘案されます。
相談の段階で細かく色々聞かれると思いますが、正確にきちんと回答することが、一つのコツと言えます。

 

商工ローン審査の見通しとして、ある程度経営状況が良い会社に貸し付けを行う傾向が強い点は、
おさえておいたほうがいいでしょう。
おおまかに、年商が3億円以上あれば、融資は3,000万円程度受けられるといった目安があります。
審査の甘い消費者金融

ページの先頭へ戻る