運転資金をビジネスローンで借入する時のメリットとデメリットについて

ビジネスローンとは、主に個人事業主や中小企業を中心とした事業主向けの専門的なローンです。
限度額については、初回は500万円から最大1,000万円まで運転資金の借入を受けることが可能です。

 

担保や連帯保証人が不要のビジネスローンも多く登場していることから、利用は増加傾向にあります。
また様々なサービスが用意されている点も特徴としてチェックしておきたいです。

 

例えば使用用途に制限がない、ゆうちょ銀行やコンビニATMを利用して返済ができる、
店舗に行かなくても手続きができるサービスなどがあります。

 

 

ビジネスローンで運転資金を借入する際のメリットを見ていきます。
最大のメリットは、公的機関の融資や銀行などの融資と比べると、
審査基準が厳しくないという点にあります。

 

もちろん申し込めば誰でも借入出来るわけではないですが、
審査通過率が高いのも事実です。

 

銀行からの借入ができなかった人などは、
問い合わせてみる価値が十分にあります。

 

また、融資までのスピードがとても早い点も、メリットです。
商品によっては、即日や翌日に借り入れできるケースもあります。

 

特に運転資金は急を要する場合も多く、このサービスはうれしいところです。

 

また先述したとおり、借入する際の担保や第三者の保証人を準備しなくていいという点も、
大きなメリットと言えるでしょう。

 

ビジネスローンの借入については総量規制の対象外となっていますので、
年収の1/3を超えての借り入れも可能になっています。

 

 

 

今度は反対に、ビジネスローンで運転資金を借入する時のデメリットを見ていきます。
一番のデメリットは何と言っても、
公的融資や銀行融資と比べると金利が高めに設定されている点です。

 

公的な融資の金利は約3%が目安です。
ビジネスローンは、実質年利が15%~18%に設定されている場合が多いです。

 

比べてみるとビジネスローンの金利がいかに高いかすぐに理解できるかと思います。

 

また借入限度額についても、銀行よりは低いので、
まとまったお金の借り入れには向いていません。

 

また多くの商品で、自分の収入を証明する収入証明書が必要になります。
他にもデメリットとしては、借入の際に会社の決算書をはじめとする財務諸表や、
事業計画書の提出を求められる場合があることも知っておきましょう。
ソフト闇金

 

ページの先頭へ戻る